本当に字が上手くなってきた(その1)

2011年3月28日(月)

字の練習のため、再びEvernoteのお題を使って書いてみた。

日本語の文字認識精度向上のためのお願い | Evernote Corporation

こうやって字を定期的に確認すると過去からどれだけ上達したかが一目瞭然だ。

字を上手に書こうと思ったのは、メモ取りを習慣にしようと思った頃とほぼ同時期なので2009年頃か。自分で言うのもなんだが、2年でここまで字が上達したことは素晴らしいことだ(2009年以前の字は汚すぎてとても人に見せられるものではないので画像はない)。今度なにか褒美をやろう(笑)。

2009年以前はよく「ミミズが這ったような字」と言われ続けてきた。だから、今の字を他人からほめられると何とも本当に照れくさく恥ずかしさすら覚えてしまう。嬉しいんですがね。

そう、よく字をほめられるようになったのだ。「意外とキレイな字を書くのね」とか「この字誰の字?……ええ!?」とか。少し失礼な驚き方をされてるような気もするが、何にせよ字自体はキレイだとほめてくれてるようで。

字が上手くなったことで得したことは他にもある。まず、手帳やメモ書きを読み返すのが楽になった。さっと見るだけで何書いてあるかが分かるので時間の短縮にもなっている。以前はTODOすら書くことをためらうくらいだったが、今じゃ随分と重宝している。それにハガキや封筒等の宛名書きを直筆で書くことが出来るようになった。普段はプリントしているが、どうしても直筆で伝えたい場合がある。そういった時に恥ずかしくなく書けるようになったのは嬉しい。

堂々と人に見せられる字になったのは一体どんな練習のおかげだろう?

過去の記憶と記録を辿ってみると、はじめにペンの持ち方に注目したようである。

私は今でも筆圧というのが弱いのだが、以前はもっともっと弱かった。2Bより硬い鉛筆だと10文字も書けば手が痛くなってしまうほどだった。きっと筆圧が弱いのは、そしてすぐ手が痛くなるのはペンの持ち方が悪いのだろうと思い、修正しようと思ったのだ。

上記の記事にある持ち方に変えたおかげで、原稿用紙5枚程度なら苦も無く筆記できるようになった。筆圧は変わらず弱いままだが、最近ではJET STREAMのような滑らかで書きやすいボールペンもあるので字が薄くて読みづらいということもない。

あとは反復練習。丸や線を書きまくって真円・まっすぐな線を書けるまで続ける。面倒くさくてやる気が出ないかと思っていたが、すぐ上達するので黙々と練習を続けられた。特に直線は目に見えてまっすぐに書けるようになるので、すぐ調子に乗って(笑)迷路とか図形とかを書いたりしていた。

きれいな丸や線を書けるようになって少し苦労したのが、良いお手本探し。確か初めの頃はフォントの教科書体なんかを見て書いてた気がする。けれども、いまいち上手く書けないし、そもそもペン字じゃないので肝心の運筆が分からなくて。結局自己流で書いていたがどうも美しくないので、本屋や文房具屋へ行き、硬筆のお手本を見てみたがどうも美しく感じない。ピンとこないんだ。

ところがお手本は意外にWebで見つかった。これがまた美しい文字ばかりで、私の好みの字だったので即見よう見まねで練習した。すると、運筆も分かり、たちまちに上達していった。そして現在もこのお手本を横に書いているのである。

近くの図書館で素敵な書籍を見つけた。素敵な書体ばかり乗っていたのですぐに購入した。

コンプレックスの解消

子供に見せる親の字が汚いのはまずかろう。私の場合、どうしようもなく汚かったのだから尚更だ。教育上よろしくないのとは別に、恥ずかしいというのもおそらく、あった。人様に見せられる字では無かった。丁寧に書けばまあそれなりだが、普段通りの字ではやはり恥ずかしかった。それに字がキレイだと頭よさそうにも見えるものだ。真面目にも。

美しい字は魅力がある。断言する、字が下手な人はそれだけで損することがある。もったいないから練習をしようや。

続きは本当に字が上手くなってきた(その2)

このブラウザ、カスです!

2011年3月23日(水)

新しくなったブラウザ、Firefox 4を試したがずいぶんと劣化が激しくて嫌になる。

公式サイトでも速い速いと囃したてるので期待してアップグレードしてみたら、ひどいことになった。Firefoxはアドオンが重要なのにバージョンアップするごとにアドオン側で対応が必要らしく、ほとんどのアドオンが無効化されてしまった。お気に入りのアドオンであるアレとかソレが動かないのでブラウジングする気が失せる。

他にも改悪された箇所が多いので下に列挙。

Firefox 3.x標準→Firefox 3.xを自分に合うよう改良→Firefox 4。こう変遷してるから今の時点で使いにくく感じるのは自然なのだろうが、上記のうち強調表示した部分は誰が何と言おうとおかしい。ブラウジングの速さってのはページ表示にかかる時間だけをいうのじゃないってのがまるで分かっていない。特にリンク箇所にフォーカスした時の挙動は前代未聞で、カスみたいな動作をしやがる。カスだ、これは!

解決方法をいちいち探さんとあかんとか、無いわ。

とりあえずFirefox 3.6に戻した。また入れてみた。お役立ち記事見つけたんで。

そんなことだろうと思っていたがFirefox 4はWindows XPに最適化されていない。カス。7だと何の違和感もなく動作してしまうあたりがなんともやるせない。そんなに皆Win教に入信したいのか?XPからのアップグレードだって馬鹿にならない価格が付いてるのに!?上に挙げた不満点の中で7にアップグレードするだけで解決するのもあったり。

とりあえず、一段落付けた。まったく。

致命的な欠点を見つけた。

どうすんべこれ。→対策アドオン入れてみた。止めた。どうにも上手く動かんなコイツは。

七人の侍で一番記憶に残ったのは

2011年3月18日(金)

昨日、七人の侍をやっと観終わった。

時間がかかったのはもちろん長編映画(約3時間半)というのもあるが、レンタルしたDVDの2枚目が何故かうちのPCでは再生出来なかったからである。店にその旨伝えるとクリーニングに出すから待ってくれと言われたので一度返品して頃合いにまた借りに行ったのである。

しかし、待った甲斐あってか、いやこれは相当のモノだろう面白さだった。一番の記憶に残っているのはその映像美だ。ずっと前に撮られたにも関わらずその映像の迫力たるや、いやはや……凄い!

役者の演技力もまた素晴らしいのだが、その魅力を余すことなく伝えてくるこの映像にこそ七人の侍の魅力が詰まっている。描写が過激になる場面では引き気味に写されてるのですが、想像力に頼る分かえって現実のことかとおもってしまい、恐怖を感じてしまいました。反対に逢い引きの場面ではもっとこうなにか写せよとか云々。

最後に生き残った侍が放つ言葉が印象的でした。

「勝ったのはあの百姓達だ。わし達ではない。」

なんとも言えない気持ちになる言葉で、含蓄があります。侍の自嘲とも呆れとも取れる台詞ですが、私は百姓達のたくましさに感心してしまいました。しかし図太いというのか、これだけのことがあっても何も変わらずにいることが私にはひどく不安に思えます。

やはり人生にとって重要なのは「変化」だとこの映画で再確認したようにも思います。

また七人の侍ではエンディングに「終」の文字が出るだけでおしまいなのですが、観終わってすぐに聞いた曲が映画鑑賞後のなんともいえない気だるさに合っていたのでご紹介。

Haley Westenra – Dark Waltz

We are the lucky ones
We shine like a thousand suns
When all of the color runs together

I'll keep you company
In one glorious harmony
Waltzing with destiny forever

Dance me into the night
Underneath the full moon shining so bright
Turning me into the light

Time dances whirling past
I gaze through the looking glass
And feel just beyond my grasp is heaven

Sacred geometry
Where movement is poetry
Visions of you and me forever

Dance me into the night
Underneath the full moon shining so bright
Turning me into the light

Dance me into the night
Underneath the full moon shining so bright
Let the dark waltz begin
Oh let me wheel - let me spin
Let it take me again
Turning me into the light

非日常から日常へ

2011年3月13日(日)

そろそろ浮ついた気持ちを押さえて日常に戻らねば。

今朝ニュースで知った福島原発の被曝がひどい。被曝したこと自体もひどいがそれまでの対応にもなにか問題があったはず。

昨日ホッとしたと書いたが親戚にも福島に住んでいる人がいて(幸いにも数ヶ月前に埼玉に引っ越してたよう)、むやみやたらに安心するのもどうかとか思う。一日も早く皆が平穏な日を迎えられるといい。

誰も彼もに微笑みが訪れますように。

昨日の大地震で避難していました

2011年3月12日(土)

自分の周辺では被害はありませんでした。津波も被害をもたらすほどではなかったよう。

今日の7時に自宅に戻ってきた。昨日は嫁の実家に非難していた。TVつけると地震ニュースばかりなので大方の状況は把握していたのだが、朝起きて被害状況などを聞くと実感の沸かない数字ばかり並んでいて戦慄する。

長野のあたりでも大きな地震があったみたいで、嫁さんとこのまま連鎖的に南海地震に繋がったりしないだろうかと心配しあう。

自宅の辺りは河口付近の埋め立てた土地なので洪水・津波時には迅速に非難する必要があるのだが、何度も映像で流れている津波を見ていると一刻も早く非難することの重要さを確信せざるを得ない。

地元の状況

避難していた嫁の実家ではネット環境が無いので、帰ってきたらついTwitter等を確認したけど徳島はあまり被害が出ていないようで何より。TVでは地震の現地の情報は多く伝えるけど、地元のことはネットの方が詳しい情報が多いから気になっていた。とりえずホッとした。

何故かテキストエディタと勘違い

2011年3月11日(金)

どうでもいい雑記その925 : 雑記帳 : der Gegenwart

pで括るのは別にビジュアルエディタの機能じゃないので、HTMLエディタで書いても勝手にマークアップしてくれる。

まじか? と思って試したらその通りで絶句……。一体何を持って勘違いしていたのだろう。詳しく調べたわけではないが挙動を書いておくと、

ようだ。てっきりHTMLエディタは単なるテキストエディタだと思いこんでいた。HTMLエディタって書いてあるのにね。それによく見てみるとエディタの上部に便利そうなボタンも並んでいるじゃないか。

htmledita

不思議なこともあったもんだが、これでまたひとつ賢くなったわけで。Rusicaさんに感謝。

と、ここまで書いたところで上記のBLOCKQUOTE要素が装飾されていないことに気付く。しまった、一番面倒くさい汎用要素の装飾が残ってたんだ。これもTODOに入れとくか。

何のためのNotebookか

2011年3月10日(木)

Notebookを作りたいと思ったのは、気分転換になると思ったからだ。

それ以上でもそれ以下でも無いので、何を書くのかさっぱり決めていない。漠然としたイメージがあると言えばあるのだが、はっきりしない。

ま、作った後から理由を考えるのも悪くない。それにWordPressの復習になったとでも思えば、掛けた時間も無駄ではないし。CSSの方でもいくつか収穫があった。特にcolumn関連は興味あるわりに勉強コストが高そうで全く調べたことが無かったのだが、触ってみてはじめて解ることもあった。floatとの挙動の違いも明らかになったし、IE(笑)が全く対応していないのも何だかなといったところ。

マイクロWeb日記との関係はまだ未定だし、どっちかを続けて片方を止めるとかも考えていない。そもそもそんな時間や技術が今の私からひねり出せるとも思わない。このNotebookにコメント欄を設けたのは気まぐれだ。何か反応が得られるとすれば僥倖だし。そうでなくとも、これまたひとつ勉強になった。

新しくNotebookを作ってみた

2011年3月10日(木)

飾り付けはあとから。まずは基本構造とアーカイブ構造の構成を考えている。大いなる手本を真似しながら書きやすく読みやすいモノにしていく。

ファビコンはから紙風のモノをひとつ頂戴した。素敵なアイコン群で、眺めているだけで幸せになった気がしたよ。こういうふんわりとしたテイストはとても心地良くて好きだ。

新設に当たってHTML5にしようかとも思ったが面倒くさいので止めた(笑)。あ!面倒くさいといえばパーマリンクが残ってた……、あとはHTMLとCSS書くだけだと思ってたのに。前回マイクロWeb日記作った時に進行に沿ったメモでも残しておけば、次何か作る時に楽なのは分かり切っていたのに。このあたりのずぼらさが私の欠点だな。今回は気を付けてメモ取っておく。

そういやWordpressのビジュアルエディタを使うのを嫌がる人みたいだけど、理由が分からない。改行位置で自動的にP要素で括ってくれたり、URIのコピペが簡単だったりでとても便利なんだけど。まあ、人それぞれだし何でもいっか。


TODO

  1. 案の定コメントフォーム設置で詰まる……。こんな時に限ってContact Form 7のページが見れないし。まさかとは思うが消えてるのか?勘違いも甚だしい。恥ずかしすぎて暫し茫然。簡単に言えばContact Form 7は受け取り専用のプラグインであって、コメント表示機能を持たない。何やってるんだ私は。
  2. Notebookトップページは縦に冗長すぎる(トップに全ての記事名を載せるつもり)ので、いずれマルチカラムにしよう。一応Chromeではこんな風になるのまではやってみたが、Firefoxではどうにも対応していないらしく断念。
  3. 上のスクショのデモページ。Webkit系以外は表示がおかしい。
  4. これだと20件目までの閲覧なら縦のスクロールが発生しても苦労しないはず。本当はウィンドウの縦表示幅から計算してくれればいいのだけれど、実装されてないみたいだし。20件というのは例に出しただけなのでいくつが最適かはそのページによる。どうしたもんかね。Multicolに高さ指定というかそういうのが出来るようになればいいのだが。あきらめた。私には難しすぎる。
  5. あと、飛ばしぎみに書きなぐったCSSもあとで整理しよう。ナビ部分のところとか適当すぎるし。
  6. カテゴリと月別アーカイブも用意しないと。カテゴリは必要かどうか再考する。
  7. 最後はフッターだ。いつも悩むフッター。メタ要素はヘッダー(HEADER要素)に置けばいいのか、BODY要素に表示させたほうがいいのか。
  8. 汎用要素の装飾

あと少しだ。頑張ろう。

最終更新日:2016年2月22日