FT

アールエス詳細攻略

目次 このサイトについて 連絡先

攻略を終えて

ひとまずコントローラを置いてアールエスから離れてみようと思っています。攻略書くのに必死で果たして楽しくプレイ出来たかどうか……。振り返ってみると駆け足で来たように思います。

操作が分かりにくかったり、遊び方すら理解できなくてアールエスから離れていった人も多いように感じました。アールエスは自らゲームの素晴らしさ、考えることの楽しさを消し飛ばしてる感がありました。そこでプレイするのに足がかり的なものが必要じゃないかと思って、このサイトを作ったのですが、ずいぶんと荒削りなものになってしまいました。

攻略はこれで終了としますが、誤字脱字・内容の間違い等が見つかれば訂正は逐次行うつもりです。

アールエスの感想

入口はどうしようもなく狭く険しいが、一度入ればあとはただ広大な世界で遊ぶことができる。それがアールエスの醍醐味だと思います。

フリーゲーム中最高のボリュームを提供しているゲームで、数十回に及ぶアップデートでますます洗練されたゲームになっています。

人によって感じ方は違うだろうけれど、私はBlizzard社のDiablo2によく似たゲームだと思う。緻密な育成計画、型にはめつつもオリジナリティを出せるPT編成、膨大なデータ量を誇るアイテム群。もちろんストーリーモードだけでも楽しめるがそれ以上を目指すともっと面白くなるのが共通しているように感じる。特に攻略Wikiでも追い切れないデータ群はコンシューマゲームでも滅多に見かけません。

一方でグラフィックやUIのとっつきの悪さはマイナス点。操作性ははっきり言ってダメな部類で及第点を超えていません。サウンドは素晴らしく良く心地よい音楽を聞かせてくれるが、SEの遅延問題等、課題となるものも多い

あと、誤字と思われる独特の文章も難を感じる。読みやすい文章に修正したとしても、この世界観は崩れないように思います。理不尽なのは別の箇所で表現できてますし。

攻略を終えて

今回のプレイで2回目のクリアとなるわけですが、前回のクリアが数年かかったのに対して、2回目ではたったの1ヶ月でクリアしてしまった。

前回は42話で長い間詰まっていたのだけど、建築や道具屋に素材が並ぶのを知ってやっと進めることができた。でも知っての通り、そこからはさらに強化されたダンジョンと敵の強さでまたしてもストップ。

火力アップのために装備、スキル、ジョブ、ステータス全てを見直しやっと進められるかと思っても、理不尽な回復力やHPの高さに断念……。強化、弱体化ステータス、各種アイテムの効能等を知ってBossやEXエネミーを撃破。やっとのことでクリアしたのが1回目のプレイでした。

逆に言うとそういった知識や経験は1からやり直す時にも役に立ったわけで、全然無駄じゃない。むしろ攻略にあたって必須のものになった感がある。

2回目のプレイ時、単にクリアするだけならBoss戦は「バグ」を使えばいい、というのは想定してたんだけど実際やってみるとそうでもなかったりするのが現実。特にHPが高かったりすると状態異常にしても大して意味が無かったり。火力は重要。序盤ルインの素早さを30程上げたけど、時間があれば100くらい上げた方が良い。

でもそんなことしなくたってアールエスはクリアできる。私の1回目のプレイのように。

残りのダンジョン

まだまだ続くアールエス。ダンジョンはまだ半分以上残っていると言っても過言でない。Boss2なんかもいることだし、鬱制覇とかは日本中で何人いるんだって具合だ。

もしこの先の攻略をやるなら実例をそのまま上げるのが一番だろう。おすすめはこれとこれとあれです、なんて書いてたら多くなりすぎてどえらいことになりそう。YouTubeニコニコ動画に動画を上げるのも良いかもしれない。準備はしてあるけど……。

他のゲーム

アンディー・メンテの他のゲームもしばらく手を付けれそうにない。炭鉱とか面白そうだが、きっとハマらない。というかアールエス以外ハマれそうにない。

フリゲではどうだろう。Ruinaとかは一時期ハマっていたが、一通りクリアして終わった。月夜に響くノクターン Rebirthも同じ。色々手を出しても見るがアールエス程面白くて長く遊べるタイトルはない。

市販ゲームはどうか。STEINS;GATEは購入してないが、絶対プレイしたい。来年の発売がささやかれるDiablo3も絶対プレイする。

攻略サイト作成について

思ったよりもずっと簡単だった。途中で悶えたこともあったけど、作るだけなら本当に簡単。ただリンクたくさんもらったり、アクセス稼ごうとするとハードルがどこかへ飛んで行ってしまうほど高くなる。このサイトではそんなこと気にしませんが。

他の攻略サイト(アールエス以外のゲーム含む)を見て思ったのはデータベース類と攻略方法の結び付きの弱さ。攻略Wikiというデータベース類のサイトはもっとリンクして活用するべき。自前で出来ることなんてすごく限られているのだからWeb上のリソースはどんどん使って良いはず。

例えば、アールエスプレイ記録に攻略Wikiへのリンクが網羅してあったらこのサイトを作ることは無かった。このサイトではダンジョンへのリンクくらいしかやっていないが、それでもかなり使いやすくなっているのではないか。少なくとも私自身は他のサイトを見る必要が無くなった。このサイトから辿れば良いからだ。

俺的アールエスのまとめはQ&A等でいずれやる。

最後に

アールエスは面白い。それだけは間違いない。続きのネタは日記で書くやも。

公開日:2010年10月13日  最終更新日:2015年9月23日